骨予備知識|感覚が戻るまでは休む|腰椎椎間板ヘルニアは医師の指導で治療

感覚が戻るまでは休む|腰椎椎間板ヘルニアは医師の指導で治療

骨予備知識

聴診器

骨が侵されることの怖さ

がんは、様々な臓器に発生します。国民の約半数が、生涯において発病するというがんですが、進行すると他の臓器に転移するのが極めて怖い点です。他の臓器に転移すると、元々していた治療方針は変更することもあるなど、全身状態が大きく変化します。そのため、転移しないように、がんの初期に徹底した治療をすることが望ましいです。がんの転移の中でも、特に怖いのが骨です。骨に腫瘍ができると、極めて激しい疼痛が出現します。そのため、多くの場合で麻薬のコントロールが必要になります。全ての臓器のがんに、骨への転移の可能性があります。特に、転移が早く骨にまで達しやすい多発性骨髄腫や、喫煙などで一般的な肺がん、それから性別によって発症率が大きく異なる乳がんと前立腺がんには注意が必要です。これらの臓器に関しては、特に治療や経過に注意を払っておく必要があります。

予備知識

骨に転移をすると怖いがんですが、その初期症状と対応を知っておく必要があります。まず骨に転移するときの症状は、痛みや病的骨折、麻痺といったものが挙げられます。いずれも命に関わる症状ではありませんが、患者のQOLが著しく低下しますので注意が必要です。まず痛みは、骨が少しずつ壊されていく過程で起こります。初期には軽い違和感を感じる程度のこともありますが、次第に痛みが明確になって現れてきます。安静にしていても、徐々に痛みを感じる場合は、すぐに医師に相談することをお勧めします。次に病的骨折とは、何気ない日常生活の中で骨折してしまいます。この場合は、がんで骨がもろくなっていますので、骨が正常に再生することが妨げられます。日常生活で、転んだり、重いものを持ち上げないよう、注意する必要があります。最後に、がんの進行が末期になると、麻痺の症状が現れます。結果的に下半身麻痺になることもあります。気になる痛みを感じた時点で、早急に医師に相談する必要があります。これらの症状について、正しい知識を持ち、対処することが望ましいです。