呼ぼうとメカニズム|感覚が戻るまでは休む|腰椎椎間板ヘルニアは医師の指導で治療

感覚が戻るまでは休む|腰椎椎間板ヘルニアは医師の指導で治療

呼ぼうとメカニズム

医師

がんに関しては現在日本では最も死亡者数の多い病気であり、完全に防ぐという事は不可能です。しかしながら、発症のリスクを下げるために私たちが出来ることは色々とあります。まず、がんが発症する原因としてはほとんどが生活習慣によるものです。そこで、生活習慣を見返して、悪いと思ったものは改善することによって発症のリスクを下げることは可能です。例えば、喫煙を日常的にしている人ですが、喫煙はがんだけではなく、あらゆる病気の発症リスクを高める物です。禁煙することによって様々な病気から身を守ることが出来ます。また、細菌やウイルスに感染することでがんになってしまう場合もあります。こちらはウイルスが直接がんを発症させるわけでは無いものの、ウイルスによる体内環境の悪化ががん細胞の生まれやすい環境を作ってしまうことが原因です。そのため、日頃からウイルスに感染しないよう予防することが、がんそのものの予防にもつながるでしょう。

がんという病気の大きな特徴の一つとして転移があります。普通の病気はある一定の場所に発生した場合、その場所から症状が広がることはあります。しかし全く別の場所で症状が起こるという事はありません。しかし、がんに関しては全く別の場所でがんが発症するという場合があります。これを転移と一般的に呼んでいます。転移する仕組みとしては、ある場所で発生したが細胞がリンパや血管などの体中をめぐる器官に到達した場合、その血管内にがん細胞が侵入し、血液やリンパと一緒に流れます。そして別の場所にたどり着いて、そこでまた増殖をして新しいがんを発生させるというのが転移の仕組みです。転移が起こってしまうと、癌が何処にあるか分からなくなり、治療は非常に困難になってしまいます。