感覚が戻るまでは休む|腰椎椎間板ヘルニアは医師の指導で治療

骨予備知識

聴診器

全ての臓器のがんで、骨へ転移する可能性があります。骨への転移は直接命に関わりませんが、QOLの著しい低下が問題となります。特徴として、痛み、病的骨折、麻痺があります。これらの特徴をしっかり理解し、初期症状が現れた時点で、かかりつけ医に相談することが重要です。

もっと見る

呼ぼうとメカニズム

医師

がんの発生する原因は未だよく分かっていませんが、日常生活の習慣を見直すことによって発症するリスクを下げることは可能です。がんが全く別の場所で発症することを転移と言います。転移が起こってしまうと体のどこにがんがあるか分からず、治療は困難になってしまいます。

もっと見る

検査を徹底してもらう

看護師

がんになった場合には、転移がないかすぐに病院で調べてもらう必要があります。早期発見で治療ができるからです。完治した場合でも、定期的に検診を受けるようにします。食生活の指導などもしてもらえますし、転移を予防することができます。

もっと見る

完治させたいなら

カウンセリング

腰椎椎間板ヘルニア治療法はブロック注射

腰椎椎間板ヘルニアは、手術をしなくとも保存的治療法で十分に治癒可能です。腰椎椎間板ヘルニアの保存的治療の代表的なものとして、ブロック注射が挙げられます。ブロック注射とは、痛みが生じている部分に麻酔薬を注射して、神経を麻痺させることで痛みを緩和させる治療です。効果は長期間持続するので、ブロック注射を打つことは椎間板ヘルニアの撃退に大いに役立ちます。 注意点は、注射後に三十分から一時間程度は横になって休まなければいけない点です。注射直後は下肢の感覚が完全になくなるほど、麻酔が効いています。この状態では歩くことは不可能なので、下肢の感覚が戻るまでは休む必要があるのです。下肢の感覚が戻っても、痛みも同時に戻ることはないので安心です。

こういう点にも気をつけて

その他の腰椎椎間板ヘルニア治療としては、運動療法が挙げられます。運動によって、神経を圧迫している椎間板が元の形に戻ることがあるのです。特に、腰を反らせる運動が効果的です。また、痛みが生じている部分の筋肉を鍛えることで、痛みに強い身体を作ることもできます。筋力トレーニングの中でも、とりわけ腹筋と背筋が腰椎椎間板ヘルニアに効果を持ちます。 運動療法は書籍などを参考にして、自力で行うことも十分に可能です。本格的に行いたい場合には、専門家の指導を仰ぐのもよいでしょう。運動療法は、病院の整形外科やリハビリテーション科、あるいは整骨院などで指導を受けられます。こうした医療機関においても運動療法の有効性が認められており、主要な治療法のひとつとなっています。